コーヒー店 スイーツ店 直売所

十五六(トコロ)|あたたかな空気が流れる。とっておきのおやつ時間をお楽しみ。

日野市多摩平、甲州街道沿いにある「十五六 (トコロ)」さん。

今年2021年8月に、オープンされました。

ガラス張りの外観に、ずらりと並ぶ焼菓子の数々・・・。おしゃれな佇まいに、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、特別にオープン前の時間にお邪魔させていただき、オーナーの上村さんにじっくりお話を伺いしました。

お店やお菓子についてのこだわりをご紹介していきます!

十五六(トコロ) さんへのアクセス

ほんのり、優しいライトが素敵です
住所東京都日野市多摩平5-9-9
営業時間公式Twitterをご参照ください
駐車場なし(近隣コインパーキング有
TELなし
公式Instagramhttps://www.instagram.com/tocoro_cafe
公式Twitterhttps://twitter.com/tocorocafe

十五六(トコロ)さんについて

上村雅一さん、直子さんご夫妻で営まれている「十五六(トコロ)」さん。

焼菓子を主に、コーヒー等ドリンクの販売もされているテイクアウトのお店です。

現時点では、週に1度のペースで営業中。(営業日等、詳細はこちらからご確認ください)

これまで、2014年まで三軒茶屋でトコロカフェを営まれ、その後、友人のお店などで期間限定の出張カフェ等を経て、相模原ではお菓子のアトリエとして営業されていました。

そして建物の建て替えを機に、今年8月に日野市へ移転されました。

現在のお店では、テイクアウトのみ販売をされていますが、三軒茶屋のカフェ時代には「この空間がでしか味わえない時間」を大切にされ、テイクアウト販売はされていませんでした。

しかし、上村さん自身が、自宅であるお菓子を食べようと思った際、「丁寧に作られた美味しいお菓子」には「それに合う美味しいコーヒー」が必要。と感じたそう。

こうした経験が、「自宅でも美味しいお菓子と美味しいコーヒーを楽しんで欲しい」という想いに変わり、東日本大震災が起きた事も重なり想いも強くなったそうです。震災直後も、お店を可能な限り開けられていたとのこと。

トコロカフェに訪れた方が、「まずは自分を癒すこと」その先に「他人を癒すことが出来る」少しでも、お客様にほっとする時間を過ごしてほしかったと仰っていました。

三軒茶屋時代から一度も切れずに照らしてくれているそう。

店内にある3つの照明。柔らかな光が、自然とあたたかい気持ちになります。

家具デザイナーの小泉 誠さんが手掛けられた温もりあるデザイナー家具は、三軒茶屋時代に使用していたものをリメイクされているそうですよ。家具や、照明の光BGMなども、とても心地よいこだわりの空間です。

こうしたお話を伺って、商品そのもの以外にも、空間や存在、お客様に対する想いを大切にされていることが伝わってきました。

店内の様子や、販売商品のご紹介

続いては、商品や店内の様子についてご紹介します!

お店に入ると、ふんわり広がる美味しい香り・・・。沢山の種類の焼菓子にワクワクしてしまいますよ♪

「国産材料」が使用された体に優しい焼菓子。お子さまも安心して食べることができます。

お伺いした日は、パウンドケーキやクッキーなど、20種類程ありました。

近くで見てみると、ひとつひとつのお菓子がとっても美しい・・・!

シンプルな包装が洗練された印象です!ギフトにも嬉しい♪

棚の方には、焼菓子の他にコーヒー豆、CDなどもありました。

コーヒー豆は、十五六(トコロ)さんのために、焙煎、ブレンドをされているそう。

この日は、KUSA.喫茶さんのお豆でした♪焙煎されたばかりでしたので、袋越しでも良い香りが!

今後も、トコロブレンドとして、KUSA.喫茶さんねじまき雲さんの焙煎コーヒーがお楽しみいただけるようです♪

この他にも数店舗のコラボがあるようです。色々なお味の登場が気になりますね!

※価格は変動する場合があります。

テイクアウトドリンクもありました!これからの季節には、カフェオレなど一緒にお菓子を楽しみたいですね♪

焼き立てスコーンもとっても気になる!!

普通は販売しない!?美味しいところも!

上村さんの作るお菓子は、大量生産ではなく、ひとつひとつ丁寧に時間をかけて仕込まれています。

元々、飲食関係の経験がなかったからこそ、自由な発想で商品が生まれることもあるそうで・・・

※価格は変動する場合があります。

こちらは、「ショートブレッドみたいなクッキー(ミルク)」の二番生地バージョン。

型抜きする際に出る「余った部分」を利用したクッキー。

少し詰まったような硬い食感も美味しいことから、販売をしているそう。こちらの方が好き!という方もいるのだとか・・・!少しお得価格になっています。

※価格は変動する場合があります。

「端落ちスコーン(レアスコーン・黒糖)」

こちらも、レアな商品です。こちらを目掛けて来店される方もいるそう!

おすすめや気になる焼菓子を実食レポート!

どれも美味しそうで、なかなか選び切れませんでしたが・・・

上村さんのおすすめや気になる焼菓子をテイクアウトしてみました!

この日は、大人4人とこども1人でおやつ時間です♪

コーヒー豆1袋、焼菓子8点
¥411〜 (※大量生産ではなく、今後商品改良することもある為、価格が変動する場合があります)

こちらは一番最初に誕生した「黒糖パウンドケーキ クラシック」に、自家製キャラメルが入って進化した「黒糖パウンドケーキwithキャラメル」

程よい甘みで、きめ細かく口溶けの良いお味。

普段から、身近なお菓子として当たり前に食べているパウンドケーキ。十五六さんのパウンドケーキは、ちょっと違います!

上村さんも、仰っていましたが、みなさんも食べられたら分かっていただけるはず!是非、食べてみてくださいね♪

こちらは上村さんが初めて作ったという「黒糖スコーン(ザクザク系-初スコーン)」

ザクザク食感が楽しい甘さ控えめのスコーンで美味しかったです。

甘いスコーンではないので、朝食などにも良さそうです!

ひとつひとつ、ゆっくり開封。

上村さ〜ん、全て美しすぎます。。。

1枚じゃおさまらないのでもう一枚!

わ〜!!食べる前から、うっとりしてしまいます。。

ひとつひとつ、丁寧に作られていることが伝わってきます。

こちらは、見た目も可愛らしい「キャラメル塩ミルクバニラスコーン(半月型)」

持ってみるととっても軽く、外側はサクサク!中心になる程に異なる食感になりました。

焼菓子は、ザクザクやサクサクなど食感がとっても面白く、噛めば噛むほど美味しい印象でした♪

¥918〜 (※大量生産ではなく、今後商品改良することもある為、価格が変動する場合があります)

トコロブレンド KUSA.喫茶さんの焙煎したコーヒー豆。

中を開けてみると、テカリ感のあるお豆でした。すっきりと飲みやすく、キレのある味わいでした!

こだわりの焼菓子と、コーヒーで素敵な時間を過ごすことができました♪

ひのひの編集部のお気に入りは「パウンドケーキ」です!!皆様もお気に入りのお味をさがしてみてくださいね♪

まとめ

たくさんのこだわりが詰まった焼菓子店。

お菓子を見ているはずなのに、アート作品をみているような感覚になる空間でした。

日野市では、お子さま連れの来店も多いそうで、子どもが大きくなったときに「すてきなお菓子屋さんがあった」など、「美や感性」に関するきっかけなどとして、記憶に残って欲しいと思っているそうです。今後、十五六(トコロ)さんを訪れた子どもたちが、空間やお菓子に対して「美しい!綺麗だな!」という感覚が、伝わっていくことが楽しみですね!

現在は1階のみの営業ですが、今後2階スペースをコーヒースタンドにし、「ソフトクリーム」の店内提供を考えているそうです!また、展示スペースやワークショップを通して、「人のコミュニケーションの場」などとしても広げていきたいそうです!こちらもとっても楽しみですね♪

今回ご協力いただいた上村さん、ありがとうございました。

上村さんは、2019年声で伝えるラジオ「Ch.1056(トコロ)」の配信もされているそうなので、気になる方はこちらへどうぞ!

では、また!!

おうち時間におすすめ⭐︎

楽しい!かわいい!カードゲームをご紹介♪

おばけモチーフのカードゲーム!

素早くキャッチできるかな??反射神経を競うゲームです!

対象年齢:8才~OK

その名前、なんじゃ〜〜!?

思いつきの名前で遊ぶゲーム!子どもも大人も大笑い間違いなし!

対象年齢:4才~OK

「早口言葉」がパーティーゲームに!単純だけれど、大人もはまってしまうかも〜〜

対象年齢:6才~OK

おすすめサービス

-コーヒー店, スイーツ店, 直売所
-

© 2021 ひのひの|日野市の楽しい情報サイト