公園

【昭和記念公園で使ってみた!】公園・ピクニックにおすすめ!コールマンのアウトドアワゴン・テント・チェア

自粛生活が続く中、できるだけ密を避けながら、子どもを大きな公園で遊ばせてあげたい!こんな風に思っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は立川市の国営昭和記念公園で、アウトドアワゴンとテント、チェアーを使用したレビューを書きました。

昭和記念公園は緊急事態宣言に伴い下記期間臨時休園になります。
【期間】2021年4月25日(日)~5月11日(火)
【対象】国営昭和記念公園 有料区域・無料区域の屋内施設

近くにあるかも!日野市の公園はこちら!

2021年4月5日より有料区域も利用再開

住所〒190-0014 東京都立川市緑町3173
定休日なし※2021.4.16日現在
営業時間9:30-16:30
ホームページhttps://www.showakinen-koen.jp
駐車場立川口、西立川口、砂川口(詳細はこちら
入園料入園料詳細はこちら

長い休園期間を経て、ついに4月5日より有領区域の利用も再開されました。地元の公園も良いけれど、もっと広い公園で遊ばせてあげたいと思っていたので、直行!

その時に私が実際に使用している公園・ピクニックに便利なグッズをご紹介します。

テントを使用する場合等は、各公園でルールがございますので、確認してから利用するようにしましょう。

昭和記念公園も使用できる場所が限られていますので、ご注意ください。

よく見るよく見る!定番アイテム!アウトドアワゴン!

大きな公園に行くとかなりの確率で見かける、アウトドアワゴン。

それまではおむつやおしりナップ、水筒、着替えはリュックに入れて背負い、遊び道具は肩掛けのビニールに入れて・・・と重い荷物を持っていくのが公園に行くネックでした。

移動にラクラク!アウトドアワゴン!

私が愛用しているのはド定番!コールマンのアウトドアワゴン!みんなの原っぱまで子どもを抱っこして、大荷物を持つのは正直しんどかったです。

耐荷重:約100kg!内容量:約180×400×770!今は荷物をここに”ドーン”と入れて悩み解決!これがなければテントも購入してなかったです。

ママでも引っ張れます!

昭和記念公園などの大きな公園でパパママには大きな救世主!持っていける荷物の種類も広がります!

歩くことを忘れてしまった息子

私もやってしまうのですが、子どもを乗せている方もいらっしゃいますが、その場合は子どもを乗せる想定で作られた商品を購入してください。コールマンは推奨していませんのでご注意を。

様々なカラーバリエーションがあるのですが、私の場合は被ってしまうのを避けたかったので、価格は上がりますがネイビー&ホワイトにしました!テントに合わせた色にするものいいかも知れません!

やっぱりテントと色の統一して良かったと思った一枚!

あわせて買いたい!便利グッズ!

別売で、そのままテーブル代わりに使用できるカートのフタもありますので、中身を見えない様にしたい方、直射日光を避けたい方などは便利です!

休憩したいよ、寝転びたい!スクリーンシェード!

一人で10分で組み立てました!

スクリーンシェードとは、手軽に扱える簡易テントのことで、手早く組み立てることができ、公園や川辺でのバーベキュー、海水浴など、さまざまなシーンで活躍します!

ポンっ!とすぐに設営できるポップアップテントも検討したのですが、ビーチで、潮風に吹かれ一瞬で飛んでいってしまった過去があったので、もう少ししっかりとしたシェードの方がいいと思いチョイスしました!

こちらも揃えてコールマンでチョイス!スクリーンシェード !

もとの大きさもコンパクト!

まず収納時の大きさですが、約直径15X60cm!持つとこんな感じです!

定員3〜4名で、広さは約210×180 ×120(h)cmあるので、大人3人が横になって寝れる広さがあります。

4方向に出入りできる扉があり、特に嬉しいのが2方向についているメッシュ!コールマンだけの新素材で、接触した虫をノックダウンする防虫効果があります!さらにメッシュにしておくことで、強風時に風の逃げ道をつくることができます。

たくさん遊んだらそのままテントでお昼寝zzz

遮光性が高く、日光をブロックし涼しい空間を実現Olytec(R)も採用した風に強いシェード、IGシェード+もありますので、どこまで求めるかですね。

もう少し安く済ませたい!設営は苦手という方にはポップアップテント!

もう少し安く収めたい、設営は面倒だと言う方には簡単に設営や撤収ができるポップアップ式のテントもあります。

カバーから出したらポンっ!使用をペグで固定したら終了です。定員2〜3名になり狭くなりますが、こちらもメッシュがついていて、虫除けや風通しができます。

公園・ピクニックの必需品!レジャーシート!

シマシマボーダー!

キャンプやピクニックを快適に楽しむために欠かせないレジャーシート。

テント内のシート、これ重要です!

私はテント内に敷くことを前提にしていたので、シートもコールマンの純正のものにしました。

カラーが限られてしまうのですが、サイズ感があっていないのが嫌だったのと、薄くてお尻が冷たい様なものは避けたかったことです。

コールマンレジャーシートデラックスは大型のサイズで、裏地は水を通さないPEVA素材で、厚みがあるので使用していても地面が気になりません!

日光浴も楽しみたい!おしゃれにチェアリング!

現在もっとも手軽なアウトドアアクティビティとして注目されているチェアリング。

ピクニックだけではなくて、どこでも気軽に腰掛けて外を楽しめます。

チェアもメッシュで汎用性を高く!

こちらも揃えてコールマンのヒーリングぐチェアを購入しました!収納時のサイズは約19×11×90(h)cm!肩に担いで運ぶ感じです!

こちらのデザインは4月からコールマンとHYのコラボで作られた限定デザインで、公式オンラインショップか昭島のアウトドアビレッジでのみ販売になってます!

背面にはポケットがあり、タオルやうちわなどを収納しておくこともできます!

座る箇所は面湯になっており、濡れた水着のままで座っても通気性がとくなっておりと、場所の汎用性も高くなっております!おすすめのチェアーです!

他にもカラーリングが豊富!

最後にまとめ!

帰りももちろんご乗車です。たくさん遊んだもんね♪

子どもが大きくなればなるほど、自転車(ストライダー)のように荷物も大きくなり、手持ちには限界が来ます!!アウトドアワゴンはキャンプだけでなく大きな荷物を運ぶときにも便利です。テントに関しては防災グッズとして1つ持っておくのもありと考える人もいるみたいです。

興味はあったけどまだ持ってないよと言う方には是非買って試してみて欲しいです!以上使ってみたでした!

おすすめサービス

写真素材素材【写真AC】

-公園

© 2021 ひのひの|日野市の楽しい情報サイト